動画で動く!新聞広告



 国宝の城下町「松本の奥座敷」として親しまれている浅間温泉は1000年以上の歴史を持ち、江戸時代には松本藩の御殿湯でもありました。その浅間温泉の守り神「御射神社」の「松明祭り」に奉納する「浅間温泉火焔(かえん)太鼓」は県内でも3番目に古い歴史を誇り、現在では浅間温泉を代表する郷土芸能として幅広く活躍しています。この火焔太鼓を継承するために伝統を守っている方が、初代メンバーであり保存会会長でもあるこの宿のご主人。

 そんな地元に馴染みのある「地本屋」は温泉街の高台に立地する純和風旅館。客室からは北アルプスと松本の街並みが一望できます。季節によって景色が変わる日本庭園など四季折々を楽しむことができ、趣向を凝らした浴場は、檜が香る露天風呂が特徴の「華の湯」と、落ち着いた石造りの広々とした露天風呂が特徴の「錦の湯」があります。檜の香はリラックス効果があり、由緒正しき温泉の泉質は、アルカリ性単純泉と美肌の湯。贅沢にも全客室のお風呂に温泉が出ますので、お部屋でもお好きな時間で自由に美肌の湯を堪能できます。そして、旅の楽しみでもある宿のお料理は、厳選した旬の素材をこの道35年の料理長が一品一品ていねいに調理いたしますので、信州の四季の味に舌鼓。

 千年温泉と郷土芸能「火焔太鼓」。歴史深いこの土地だからこそ、より日本的な美しさが引き立ちます。時に日常を脱却し悠久のロマンが織りなす至高の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

松本市浅間温泉3-14-6 http://www.jimotoya.net/

TEL: 0263-46-2332